HOME>オススメ情報>もてなしともてなすことをしっかり行える飲食店

成功する仕組み

飲食店

老舗とよべる割烹・料亭をはじめ、星を獲得できるレベルの飲食店が軒を連ねています。もてなす側は相手方の好みを知っておくことが求められます。しかし、銀座店はもてなしを基本とした営業を行うケースが非常に多く、いわゆる、成功させるコツを知り尽くしているワケですが、誰が出席するのかによって、提供するお料理のランクが変わります。松竹梅といったランクですが、肉嫌い、野菜嫌いなど相手の飲食の嗜好を直前でも、さらにお料理を楽しむ最中でも変更してくれます。特に、おまかせになることが銀座店ではよくある話しですから、提供されて好まない味、食感、香りなどがあるでしょう。接待をしているお店だからこそ、臨機応変に対応してくれますし、そのもてなしが顧客満足度や顧客獲得に繋がるサービスになるわけで、またのご利用というように、成功した際にはお礼をはずむシステムになっています。

事前に準備

店内

銀座での接待は基本、法人向けに予約を受け入れている飲食店が目立ちます。もてなす側のグラスの減り具合を常にチェックするのは接待する側の気をつける点ですが、お店側はもてなす側となる上司のグラスの減り具合をチェックしています。とことん話しを聞く姿勢は良いのですが、上司への気配りもろくにできないのであれば、相手にもそれが伝わってしまいかねません。また、店に予約を入れたとしても、前日にも確認の連絡を入れましょう。もしかしたら予約時間、参加人数などが合っていないこともありますから、準備として気をつける点です。

もてなす食

飲食店

接待の当日にはどんな点に気をつければいいのでしょうか。例えば、お土産を忘れずに持参することもポイントです。もしも法人の接待であれば、加えてもてなすお店が銀座であれば、自社商品という場合もあるでしょう。その場で食して欲しいものであれば、事前にお店側に許可を得ましょう。また、食す場合に、お店側の図らいで食器などを提供してくれたり、調理をしてくれたりするケースもあります。しかし、それらはサービス料が発生することが大半ですから、注意が必要です。

広告募集中