和めるグルメ食

従業員

特に最近では中国料理を提供する銀座での接待に人気が集中していますが、4大中国料理の特長を理解し、もてなしましょう。円卓だから和やかに会話が弾むともいい、格式張らないのもメリットです。広東料理は独特な食材が使われており、四川料理は香辛料が効いています。上海料理は魚介料理を中心にしており、北京料理は油を使った料理であるのが特長です。ですから、接待において和やかにもてなしたいなら広東料理で、目上の方々をもてなすなら上海料理、若手ホープの接待ならば北京料理などから選ぶのがよいでしょう。中国料理は、取皿を手に持たずにテーブルに置いたままいただくのが原則です。なのでテーブルマナーを気にしなくてもよいのはもてなす側としてもメリットになるでしょう。

個室を予約

店内

接待は飲食店で行うものですし、選ぶ基準は料金ですが、銀座の一等地だからこそ、サービス料なども含めて、相場の2割増しで考えておきましょう。基準は、設備やスタッフ、雰囲気や交通の便などがあります。特に交通の便は、タクシーを利用するでしょうが、粗相があってはならないお相手を接待するのであれば、ハイヤーを手配したり、タクシー会社でももてなしの精神でハンドルを握るドライバーを雇うところもありますから、手配しておきましょう。銀座エリアで接待となるなら、大概は個人ではなく法人勢でしょう。そのため、割烹・料亭、レストランや中華料理店などの完全プライベート空間の個室が利用されています。ですから、予約時には個室に1名のスタッフが就くように手配しましょう。

広告募集中